オススメしたい方!

テンペは400年以上前からインドネシアで食べられている大豆発酵食品です。

納豆とは異なる食品で、クセのあるニオイはありません。糸を引くこともありません。

テンペ菌は緩やかに発酵し、味や香りはマイルドです。

大豆は「畑の肉」といわれるほど、良質なたんぱく質ですが、消化しづらいのが難点です。

ところが、テンペのように大豆を発酵させた食品は、消化が良くなります。

テンペ菌の働きが、大豆の健康効果を高める

大豆は女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をもつイソフラボンが含まれています。

イソフラボンはテンペ菌で発酵させることで、より体に吸収されやすいそうです。

更年期障害の緩和に有効だといえます。発酵することで、ビタミンB群も豊富。

抗酸化作用、コレステロール低下作用も促進することがわかっています。

またカルシウム、カリウム、鉄などのミネラルも豊富です。

さらに、抑制神経伝達物質として、精神安定や

脳の血流改善の効果のあるGABA(ギャバ)も多く含まれています。

アメリカのベジタリアンの間では、すでに1960年代から注目されていたようです。

テンペを、オススメしたい方は、

・美容・健康に気をつけている方に。

・筋肉を鍛えている方に。

・成長期のお子様のたんぱく質補強に。

・ホルモンバランスが揺らぐ世代の女性に。

・少食になりがちなお年寄りに。

・腸内環境改善し、腸から脳の活性に努めている方に。

・便通改善をしたい方に。

・体から発するニオイが気になる方に。

・ソイファースト(大豆ファースト)を心がけている方に。

・グルテンフリー食、レクチンフリー食を実践されている方に。

・植物性たんぱく質を求めている方に。


*大豆や発酵食品にアレルギーがある方はお控えくださいませ。

テンペの原材料は、豆、米粉(もしくは、アロールート)、テンペ菌、酢。

1日以上高発酵させ、完成後すぐに冷凍しています。火入れしていませんので、テンペ菌が活きています。

お召し上がりの際は、冷凍庫から冷蔵庫へテンペを移します。解凍後、すみやかに料理してください。

食べごろは解凍後1日~2日。お好みで、生食も可能です。

なお、高温・多湿の状態にテンペを放置しますと、発酵がすすみます。変色します。


毎日、少しずつ(30~70g)、食べていただけると、

お肌やお腹の調子が良くなる方が多いです。筋肉を鍛えている方にも好評です。

(大豆や発酵食品にアレルギーがある方はお控えくださいませ。)


今注目の、ソイファースト(大豆ファースト)に、おすすめです。

参考サイト:蒸し豆プロジェクト https://mushimame.jp/

実店舗:とうふや幸楽 店主:西田幸一

住所:大阪市城東区今福東1-8-31

TEL :080-4643-2471

Mail:info@tofuya-koraku.com

営業時間:7:00~18:00

定休日:水曜日

ネットショップ: https://minne.com/@tempekoraku

アマゾンでも取り扱い始めました。